石川さん旅にでる

アジア・アフリカ横断をめざした理系学生の旅日記。

38日目:今後の予定

5月に入り、インドの旅も終盤を迎えつつある。

そろそろ具体的に今後の旅程を決めて、ムンバイoutに持っていく必要がある。

 

というのも、このインド旅行は出国日が決まっているのだ。

他国に比べてインドビザは取得作業が煩雑なことで有名だが、その理由のひとつは、ビザ申請時に入国・出国時の航空券(Eチケット)を提示しなければならないから。

復路の航空券はテキトーに安いのを買ってそれを捨てるという手もあるが、お金がもったいないので購入した航空券をそのまま利用する人が多い。オレもそう。

 

ビザ申請時に購入した航空券は、5月18日ムンバイ発バンコク行きの便。

つまり5月18日までにムンバイに辿り着く必要がある。

現在ダラムサラ

f:id:ishikawasan5050:20160502183322j:plain

ムンバイ自体には見どころはあまりないし、なにより宿代が欧米並みに高い地域なので、今すぐ行っても仕方がない。

 

ダラムサラ以外の北部の街 - マナリ、リシュケシュ、ハリドワール、アムリトサル - に行く手もあるし、ジョードプルジャイサルメールといった西部のラジャスターン地方に寄る手もある。ゴアやチェンナイなどインド南部はさすがに遠いので無理だ。

 

と色々考えた結果、以下のルートをたどって最終目的地ムンバイを目指すことに決定!

f:id:ishikawasan5050:20160502193619j:plain

手抜き感がすごい。。

まずダラムサラを5月5日に発ち、デリーに戻る。

出来ればその日の夜行列車で砂漠の街ジャイサルメールに移動し、数日過ごした後、アーメダバードまで南下。

アーメダバードからムンバイまでさらに南下後、列車を乗り換えて一路アウランガーバードへ移動する(ムンバイとエローラの中間の街)。

アウランガーバードを基点にエローラを日帰り観光して、最後にムンバイに戻る。

 

問題は列車の乗り継ぎだけど、まあなんとかなるでしょう。

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定