読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川さん旅にでる

理系学生。世界一周めざして奮闘中

73日目:己の直感&中国いける気がした日

旅日記 旅日記-中国

2016年6月5日。

昼すぎ、成都行きの列車チケットを買うため昆明駅に向かった。

ちなみに昆明はそのまま”こんめい”と読む。中国読みだと”クンミン”。

f:id:ishikawasan5050:20160911044538j:plain

 

「中国人=列に並ばない」は言い過ぎということを知る。

ほら、みんなちゃんと並んでる。↓

f:id:ishikawasan5050:20160911044716j:plain

 

昆明駅はかなり立派で綺麗。ゴミとか落ちてない。

チケット売り場はNo.1~3の3つあって、No.1は対人、No.2と3は自動券売機。でも自動券売機で買うためには中国のIDカードが必要なので、結局No.1の対人窓口でしか買えない。

窓口の上部には電光掲示板があって、列車ごとの残席数が表示されている。

 

さて成都(せいと。中国読みは”チェンドゥ”)行きのチケットを買いに来たわけだけど、この昆明駅、やたら「麗江」(れいこう。中国読みは”リージャン”)を推している。駅の至るところに麗江のポスターがベタベタ。

麗江昆明から西に数百キロ、雲南省西部にあり、その旧市街は世界遺産に登録されている。

地味に世界遺産検定2級をもっているので、麗江のこと自体は知っていたんだけど、こんなに推されるとますます気になるではないか!

 

数十分後、俺は成都ではなく、麗江行きの乗車券を手にしていた。

ちょっと寄り道してもいっかという”己の直感”を信じることにした。

大して下調べしてないけど何とかなるだろう。

 

ちなみにここ昆明周辺にも色々と見どころはある。

たとえば「石林」という、なんかすごい奇岩がにょきにょき生えてるところとか。

省をまたいで東に行けば、「桂林」という仙人が出てきそうな雰囲気のところもある。あまり惹かれなかったので今回は行かなかったけど、いずれにせよ中国は本当に広くて見どころ盛りだくさん。ルート決めるの大変。まあそれも面白いんだけど。

 

この日の夕食はマクドナルド。

「麦当芳」・・・めちゃくちゃ頑張れば読める気がしなくもない。

f:id:ishikawasan5050:20160911052446j:plain

 

20時くらいに食べ終わってぼーっと外をながめていると、店前の広場で20~30人の女性(おっさんも少しいた)が踊り始めた。

健康のためにやってるんだろう。太極拳ほどゆったりしてないし、ラジオ体操のようにキビキビしてるわけでもない。ダンスといえばいいのかな。

その光景を見ていると、とても気が楽になった。中国に入る前から抱えていた緊張感、入国後も完全には解け切れていなかった緊張感が、その踊りを見て完全になくなった気がした。

なんでそんなに緊張していたのだろう。自分でいうのもなんだが、こうして中国に旅しに行くくらいだから、普通の日本人よりは中国に対して悪いイメージを持ってるつもりはなかった。でもやっぱり心のどこかに、変な先入観や偏見があって、それが緊張や不安につながっていたのかもしれない。

 

見返してみると、この日の日記にはこう書いてあった。

イメージしていたより中国の人は穏やかでよく笑うし、平和そう。この旅きっと上手くいく。 

 

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定