読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川さん旅にでる

理系学生。世界一周めざして奮闘中

これまでのハイライト。

先日アジア陸路横断が終わり、この旅200日も迎え、なんとなく区切りがいいので今回はダイジェスト。

アジア陸路横断を中心に、これまでの軌跡をざっと振り返ります。

(本編の旅日記で書く前に振り返るのもどうかと思うんですが、あまりに更新が追いつかないので・・・やっちゃいます)

 

そういえば気付いた方いるでしょうか?

この前少し時間をかけて、このブログをカスタマイズしました。

といっても有料登録はしていないので、スマホで見ても変化はほとんどわからないと思います。

パソコンで見ると↓こんな感じ。おもにカテゴリをいじりました。

f:id:ishikawasan5050:20161014063417j:plain

できればパソコンで見てほしいです。

 

 

 

では以下ハイライトをどうぞ。

 

アジア陸路横断のスタートは中国・西安でした。

西安の中心、鐘鼓楼

f:id:ishikawasan5050:20161022051404j:plain

陸路旅自体はタイから始まっていたんですが、”アジア陸路横断”というと、僕の中でのスタートは西安です。

 

コレ、何だかわかるでしょうか?

f:id:ishikawasan5050:20161022052047j:plain

シルクロードの始点碑です。

そう、ここ西安シルクロードの東の起点なのです。

アジア陸路横断というと、ほぼ必然的にシルクロードと同じルートを辿ることになります。というわけで撮っておきました。

 

シルクロードとはどういうルートなのか、そもそもいつ成立したのか、といったシルクロードのあれこれに関しては、本編の旅日記でいつか書く予定です。

西安敦煌ウルムチカシュガルサマルカンド、カブール、エスファハーンテヘランバグダッド、ダマスカス、イスタンブールなどなど、中央アジアから中東にかけての国々で今日栄えている都市の多くは、シルクロードの発展とともに繁栄した街です。

 

と、それはさておき西安の次は蘭州に行きました。

蘭州といえば、黄河

f:id:ishikawasan5050:20161022054355j:plain

長江に次ぎ、中国で2番目に長い川。川の水は黄土色でした。

 

名物・蘭州麺。

f:id:ishikawasan5050:20161022054732j:plain

あぁラーメン食べたくなってきた。。

 

お次は張掖(ちょうえき)に行きました。

こちらは七彩丹霞という観光スポット。

f:id:ishikawasan5050:20161022055231j:plain

f:id:ishikawasan5050:20161022055601j:plain

張掖は河西回廊とよばれる、西安から敦煌にかけての地域に属する街のひとつです。

河西回廊はもともとシルクロードの一地域を指し・・・

 

って今回の記事は”ダイジェスト”でした。もう少しペースを上げます。

 

こちらは敦煌(とんこう)です。

はい一気にシルクロード感が増しました。

f:id:ishikawasan5050:20161022060121j:plain

シルクロードといえば砂漠とラクダ。もうそのイメージまんまの世界です。

f:id:ishikawasan5050:20161022060446j:plain

 

まだまだあるんですが中国はこのへんにして、中央アジアに入ることにします。

 

この景色すごくないですか?

f:id:ishikawasan5050:20161022060752j:plain

どこで撮ったのか、正確な場所は撮った僕にもわかりません。

中国からキルギスのオシュという街に向かう途中で撮りました。

f:id:ishikawasan5050:20161022061259j:plain

え、ここで言っちゃう?と思われるかもしれませんが、これは、僕がアジア横断した間に見た景色で一番の絶景です。

未だこれ以上の絶景には巡りあえていません。

 

3週間ほどかけてキルギス中央アジア・イランのビザを取った後、ふたたび移動開始。

またまた絶景。タジキスタンパミール高原です。標高5,000m。

f:id:ishikawasan5050:20161022062413j:plain

「世界の屋根」とか呼ばれています。

f:id:ishikawasan5050:20161022062529j:plain

 

パミール高原を越えて着いたのはホーローグという街。

タイミングよく週に一度だけ開かれるアフガンバザールに行くことが出来ました。

f:id:ishikawasan5050:20161023024632j:plain

この橋を渡ればアフガニスタン。いつか行ってみたくなりました。

f:id:ishikawasan5050:20161023024732j:plain

割と民族衣装が好きなんですが、アフガニスタン男性のそれはとてもかっこよく見えました。

f:id:ishikawasan5050:20161023024906j:plain

 

タジキスタンから北上してウズベキスタンへ。

サマルカンドにあるレギスタン広場。建築を見てはじめて感動しました。

f:id:ishikawasan5050:20161023025042j:plain

とくに夜のライトアップはもの凄かった。三日連続で見に行きました。

f:id:ishikawasan5050:20161023025208j:plain

写真めちゃくちゃ撮りました。本編の旅日記で載せます。

 

中央アジア最後の国、トルクメニスタン

ここでは、バックパッカーの間で有名な”地獄の門”へ行きました。

f:id:ishikawasan5050:20161023025507j:plain

ひたすら砂漠と荒野を歩くこと1時間半・・・

f:id:ishikawasan5050:20161023025728j:plain

ついに現れた地獄の門・・・

f:id:ishikawasan5050:20161023030156j:plain

”異様”というほかない光景でした。。

f:id:ishikawasan5050:20161023030431j:plain

 

初めての中東、その1ヶ国目はイランでした。

シーラーズのピンクモスク。

f:id:ishikawasan5050:20161023030737j:plain

多くの観光地があるイランでもっとも良かったのは、意外にもペルシャ湾の小島ホルムズ島でした。

f:id:ishikawasan5050:20161023030905j:plain

詳しくは本編の旅日記で! 

 

イランから北上し、コーカサス地方へ。

まずはアルメニア。街並みは西洋風に、宗教はキリスト教に変わりました。

f:id:ishikawasan5050:20161023031827j:plain

 

初めて訪れた未承認国ナゴルノ・カラバフ。の唯一の観光スポット↓

f:id:ishikawasan5050:20161023031959j:plain

 

お次はジョージアへ。

ここも絶景のオンパレードでした。

f:id:ishikawasan5050:20161023032209j:plain

 

コーカサスを抜け、ついにアジアの西端トルコへ!

f:id:ishikawasan5050:20161023032503j:plain

 

トルコは東部・南東部を中心にまわりました。

こちらは東部エルズルム。

f:id:ishikawasan5050:20161023032932j:plain

 

ダイジェストなのでかなり端折りますが・・・

1週間ほどイラククルディスタンに行ったり、

f:id:ishikawasan5050:20161023033108j:plain

 

トルコに戻ってマルディンという街に行ったり、

f:id:ishikawasan5050:20161023033240j:plain

 

シャンルウルファという街に行ったりして、

f:id:ishikawasan5050:20161023033353j:plain

 

ついにたどり着いたイスタンブール

ボスポラス海峡。右がアジア、左がヨーロッパ。

f:id:ishikawasan5050:20161023033535j:plain

 

予想以上に時間がかかりましたが、無事に横断できてとても満足しています。

 

以上ハイライトでした。

 

 

 

ついでに近況報告!

トルコの後はレバノンに行きまして、

f:id:ishikawasan5050:20161023034303j:plain

 

そこからイギリスに飛んで家族・親戚と旅行しました。

f:id:ishikawasan5050:20161023035558j:plain

f:id:ishikawasan5050:20161023035715j:plain

by K

 

現在はふたたび中東に戻り、ヨルダンにいます。明日、イスラエルに移動する予定です。

残り4ヶ月、有意義な旅ができたらなと思っています。

 

旅日記の更新もがんばります!

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定