読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川さん旅にでる

理系学生。世界一周めざして奮闘中

80日目:亚丁トレッキング①珍珠海

2016年6月12日。

 

トレッキングスタート。

昨日予定変更して今日からさっそくトレッキングとは、我ながらなかなかのフットワークの軽さ。

f:id:ishikawasan5050:20161212055409j:plain

 

とその前に、まずは亚丁(ヤーリン)に移動しなければならない。

ここ日瓦(第二のシャングリラ)はヤーリンへ続く玄関口。ヤーリンは自然保護区に指定されているらしく、入るには入場料がかかる。国際学生証の提示で270元→200元。専用のバスに乗って30km先の亚丁村へ。

 

山あいにある小さな村。ちなみに標高は3,980m。すでに富士山よりも高い。

f:id:ishikawasan5050:20161212060701j:plain

 

宿はこれ。名前は忘れた。バスは亚丁村の3ヶ所で停車するが、2つ目の停留所で降りるとすぐのところにあった。

f:id:ishikawasan5050:20161212061724j:plain

昨日、日瓦で会って一緒に行くことになったマレーシア系イギリス人のダニエルも含め、3人でチェックイン。居心地のいい素敵な宿。食事もできる。

 

亚丁に行く方へアドバイス。

亚丁村はちょっと物価高いです。山価格といえばいいんでしょうか。日瓦とかで事前に食料を買い出ししておいた方がいいかも。

 

さて亚丁にはトレッキングコースが3つある。

・珍珠海

・青蛙海

・牛奶海&五色海

どれも湖だ。

初日の今日は一番やさしい珍珠海(ツォーマーラー・レイク)へ行くことに。

 

亚丁村から再びバスに乗り15分でトレッキングの入口に到着。

ようやくトレッキング開始だ。

f:id:ishikawasan5050:20161212064541j:plain

 

やさしいコースなので道は整備されていて歩きやすい。

にしてもタルチョの数がすごい。

f:id:ishikawasan5050:20161212065114j:plain

 

途中に沖古寺というチベット寺院がある。

f:id:ishikawasan5050:20161212065428j:plain

内部は極彩色。タイの寺院も派手だったけどチベット寺院はそれ以上だなあ。

f:id:ishikawasan5050:20161212065648j:plain

 

歩くこと1時間半・・・

f:id:ishikawasan5050:20161212065832j:plain

 

珍珠海に到着!

f:id:ishikawasan5050:20161212070110j:plain

標高4,300m。

f:id:ishikawasan5050:20161212070319j:plain

向こうの山はシェンランルー山というらしい。あいにく曇りで頂上は見えなかった。

f:id:ishikawasan5050:20161212070326j:plain

でも湖は綺麗だった。

f:id:ishikawasan5050:20161212070350j:plain

 

下山して18時ごろ宿に帰宅。

 

エリザとダニエルと宿の主人。

みんな優しくていいメンバーだったなあ。

f:id:ishikawasan5050:20161212062536j:plain

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定