石川さん旅にでる

アジア・アフリカ横断をめざした理系学生の旅日記。

96~100日目:在西安无所事事

2016年6月28日~7月2日

 

延長ビザの受領まで1週間。
パスポートが管理局にホールドされているので、動こうにも動けない。
西安は観光には事欠かない街だが、こうも滞在せざるを得ない状態だと、なんだか見て回る気が失せてくる。
のらくらと、无所事事な日々を過ごしながら、旅はついに100日目を迎えた。

 

この5日間でやった事といえば、この先中国西端までのルート作りと、鉄道のチケットを手配したことぐらいだろうか。
西安以後、トルコのイスタンブールまで、シルクロードに沿って進むことは決めていた。したがって今後の中国旅のルートも、シルクロードがベースとなるわけだが、中国国内のシルクロード(「河西回廊」と「新疆」の2地域)はとても範囲が広く、どの街に立ち寄るかはなかなか悩みどころだった。
しばらく考えた結果、ルートは西安蘭州張掖→嘉峪関→敦煌トルファン→クチャ→カシュガルとした。敦煌以後は、シルクロードのひとつ天山南路(西域北道)に沿う形になる。ルート決定後、すぐに全経路の鉄道チケットを購入。

こうしてルート作成とチケットの手配を急いだのには、わけがある。日本と同様中国も、7月から夏休みに突入するからだ。しかも中国の場合は数億人が大移動するので、早めにチケットを押さえておくに越したことはない。
ちなみにチケットは西安駅、もしくは街なかの券売所で購入できる。パスポートの提示を求められるが、パスポートのコピーとビザ引換証を見せたら発券してくれた。

 

西安出発まで、あと3日。

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定