読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川さん旅にでる

アジア・アフリカ横断をめざした理系学生の旅日記。

24日目:バラナシの日常2

「バラナシの日常1」ではガンガーについて書いた。今回はバラナシの街を見てみる。

バラナシの街の第一印象は「汚い」そして「クサい」。

ガンガーは美しいし、ガート沿いの建築もなかなか歴史や風情を感じさせるが、街中はそれとは対照的だ。

 

牛や犬といった動物が街じゅうに寝そべり、地面にはゴミや糞尿が散らばって、ハエがたかっている。

路地裏に行くと砂ぼこりがひどく、思わず咳込んでしまう。

なんとも形容しがたいバラナシ独特のニオイがただよう。

 

f:id:ishikawasan5050:20160418013738j:plain

f:id:ishikawasan5050:20160418014613j:plain

 

こんな環境だけど、もちろん商売はする。

f:id:ishikawasan5050:20160418015639j:plain

 

地べたで野菜を売る人

f:id:ishikawasan5050:20160418020730j:plain

 

街を歩けば1分に1度は声をかけられる。

「ジャバニージャパニー!」

「コンニチハー」

「ハローハロー」

「リクシャーリクシャー」

「どこ行くんだ?」

「なに探してるんだ?」

「どこから来たんだ?」

マリファナマリファナ

怪しげな客引きからただの話したがりまで、子どもから大人まで、いろんなインド人が話しかけてくるけど、バラナシの大半のインド人は良い人たちばかりで話すと面白い。

f:id:ishikawasan5050:20160418021721j:plain

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定