石川さん旅にでる

アジア・アフリカ横断をめざした理系学生の旅日記。

28日目:腹痛ふたたび

んんんん??

 

様子がおかしい。

時計を見る。午前3時。

 

異常な気持ち悪さがこみ上げてくる。

 

トイレに直行して便器を開くとすぐに嘔吐した。

白いナンの残骸が浮かんでいる。

うーむ。気持ち悪い

 

つづいて強い腹痛を感じ、便器に座ると

シャーーーーーーーーー

下痢だ。固形物が存在しない正真正銘の下痢だ。もうね、おしっこをお尻から出してる感じ。新感覚。やみつきには決してなりたくないけど。

 

腹痛と吐き気をたずさえ、のろのろとベッドに戻る。

10分経たずに第二波がやってきた。

便器に座る。シャーーーーーーーーー。

 

トイレとベッドを往復することおよそ10回。小鳥のさえずりが聞こえる。こんな夜明けは二度とごめんだ泣

 

つらい。つらすぎる。

以前、ガヤー行きの夜行列車に乗る前に感じた腹痛を偏差値50とするなら、今回の腹痛は67はある。医学部狙えそうだ。

もしくは前者を街のチンピラ、今回のを愚地独歩に例えてもいい(バキ知らない人はおいていきます)。受け身すらとれない俺にはどうすることもできない。

 

原因はわかっている。

コイツだ。

f:id:ishikawasan5050:20160422195448j:plain

これはターリーというインドの定番料理で、大皿の上にカレーが数種とライス、チャパティが並べられた料理。これがまあ美味い。昨日の夕食時にはこのターリーにナンを追加し、大食いしたのだ。

食べた記念に撮影したものを、こうして戦犯として掲載することになるとは笑

 

二度と大食いはしないと誓うものの、吐き気と下痢はおさまらない。さらに頭痛と発熱も出てきた。

吐き気はものすごいのにどうしても吐けない時は、喉に指を突っ込んで無理矢理吐いた。さながら大学の飲み会である。

 

下痢の対処法は2つある。体内の毒素を出し切るためにあえて薬を飲まずに下痢し続けるか、薬を服用して下痢を止めるかだ。

本当は前者がいいらしいが、いやもうムリっす。薬に頼りましたよボク。つらすぎるもの。

このインド下痢に対して、日本の正露丸は効かないので宿からもらったインドの薬を服用。下痢止めのついでに吐き気を止める薬も飲んだんだけど、驚くほど効く。飲んで1時間寝たらもうおさまった。すげええ。

 

そのあとは一日中安静にしてましたとさ。

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定