読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川さん旅にでる

理系学生。世界一周めざして奮闘中

32日目:チベット難民地区「マジュヌカティラ」

インドの首都に来たものの、まず向かったのはチベット難民居住区マジュヌカティラ。

 

デリー市内の北に位置するこの地区へは、地下鉄とリクシャーを乗り継いで行く。

デリー市内には全6路線からなるメトロが張りめぐらされている。乗客数も東京並み。

宿の最寄り駅「RAMAKRISHNA ASHRAM MARG」から「RAJIV CHOWK」でイエローラインに乗り換えて「VIDHAN SABHA」へ。

エスカレーターで地上にあがると、ご丁寧にリクシャー乗りたちが出迎えてくれた。片道20ルピー。

f:id:ishikawasan5050:20160427003621j:plain

当然のように逆走するオッサンと、それを淡々と撮るオレ。

 

10分ほどでマジュヌカティラ到着。

f:id:ishikawasan5050:20160427004855j:plain

 

中は細い路地が入り組んでいて、迷路のよう。

徒歩で余裕でまわれるほどの規模だけど、旅行会社・ゲストハウス・レストラン・カフェがひしめき合っている。

チベット難民地区なので当然チベット顔の人が多い。売ってる雑貨もチベット風。レストランではチベット料理を食べることができる。

 

で、ここに来た一番の目的はインド北部の町「ダラムサラ」へのバスチケットを購入するため。

ダラムサラチベット亡命政府の拠点がある町。チベット文化に興味があるのでぜひ行きたいところ。

先述したとおりマジュヌカティラじゅうに旅行会社があるので、適当に選んでチケットを取ればいい。

「KARMA TOURS & TRAVELS」という旅行会社で2日後のバスを予約した。ノンエアコンで650ルピー。18時半発。

 

そのあと近くのカフェで本を読んで過ごした。普通にオシャレでインドを忘れてしまう笑

ひと通りの環境が整っているので、ここを拠点にする旅行者がいるのも頷ける。

明後日行くときはチベット料理を食べてみよう。

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定